読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWS担、始めました。

主にNEWS(シゲ)&Prince(岸優太)を眺める。(元)嵐ヲタ。

オタク力低下、人間力向上。

いい加減更新してみようかな、とふと思いお題を開いた。買い物、か。

よいかもしれない。

3ヶ月前の担降りで、オタク関連の支出の仕方やオタク以外の支出...あらゆるものが変わった。その変化について書き留めておきたい。

 

①オタク支出

買い物するにあたって必要なことの一つに実は買うものの分手放すことがあると、最近気づいた。

1日にひとつもものを買わない人って実はかなり少ないんじゃないかなと思ってて。

それでも家がもので溢れないのは、何かしらの理由でモノを消してるからなのだ。食べてなくなるもの、使うと消えるもの、壊れて処分するもの。ある意味受動的に消してるモノ。

そうでない場合。

何かしら理由を持って処分しなくてはならない。

その大変さを思い知った。

担降りの時、当然のようにあらゆるグッズが不要になった。部屋は狭いし処分を迫られた。

しかし、それまで何年間も大切にしてたモノなわけで。捨てるのもなんか心苦しくて。

買取に持っていっても、元自担のグッズは(時期も悪かったとは思うけど)半年前のツアーの未開封のクリアファイルにすら値段がつかなかった。チケットは取れず、国民的アイドルと言われているのに。

処分に辟易した私は、改めて

要らないものは買わない

という至ってシンプルなことを誓ったのであった。

日常使いできない、かつ、彼らの顔が写っていないモノは箱にしまったままどうせ開けない。

買わない。

そしてなかなか処理に困ったジャニショ写真。

これに関してはジャニショに行かない、という強硬手段で対抗中。今のところ行ってない。

行くとなんかタガがはずれるっていうか。ジャニショの写真もアルバムにしまいこんでほぼ見返さないってわかったし。

買って満足しちゃうんだよな←

急に要らなくなってしまうときが来るかもしれないこと、多少は意識して買おうと思う。

今回現場外れたしなw

余計なものは買わない。

その「余計」がブレまくるのがオタクの怖いところではあるが。

 

②オタク以外の支出

個人的に担降りでより大きな変化があったのがこっちかもしれない。

そもそもカツカツで生活している私がオタク支出を工面するには、当然何かを犠牲にしていたわけで。

それが美容だったり交際費が多かった。

ヘアカラーは市販品、飲みとか遊びは可能な限り断る。

...女どころか人間捨ててるような生活だったわけだw

しかし、グッズを処分したときの売上で私は生活費一月分近くのお金を手にした。まぁ買った時にかけた額は(以下略)

担降りする前は、担降りすることがあったら売ったお金で降り先のグッズとかメディア買い漁るのかなと思ってたけど、全然そんなことはなかった。

ふと、

人間に可能な限り戻ってみようかな

と思ったのだ。

保留していた送別会の飲みに参加し、美容室で人生初のデジタルパーマをかけ、誘われるがままにテーマパークへ行き。座椅子をソファーに買い替えたりもした。買い物という言葉から少しはずれるものも多いが、大きく見たら消費行動をしているという意味で近い。

去年寒さで震えたのを思い出して、コタツテーブルも買ってみた。もうすぐ届く。楽しみ。

今年は震え上がらずに冬を越せるかも。

 

...あれ?人間って楽しいね。

 

オタクでも人間活動もきちんとやってる人の方が多いことはわかっている。

でもお金を持たない私がオタクでいるためは捨てざるを得ない部分だったのだ。

今、少しずつ拾い集めている。ちょっと手遅れかもしれないけれど、見つかる範囲で。

買い物や消費は大切な人間活動のひとつだと改めて思った。

オタクと天秤にかけつつ、少しずつ人間にもどっていきたい。

 

 

そんな私が今更ハマったのが柔軟剤

今更すぎるけど、洗濯槽に直接入れるタイプとか、ちょっと値段が張るやつとか、色々試行錯誤中。

一人暮らしなのに、10本近くの柔軟剤が鎮座。

悲しいかな、収集癖というオタクの本能が遺憾なく発揮されているのであった。

 

人間って難しいな。

でも匂いテスターで確認して買い足して、初めて使う時のワクワク感。楽しい。そしてオタクよりはなんかウケがいい気がする。

ウケるために生きてるわけじゃないけどさ。

 

タノシイコトシタイ。


それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

Jr現場デビュー。サマステ雑感。

サマステ、行ってきました。

平野 紫耀くん、Prince、HIHIJet、天才Genius回。

今までのデビュー組のファン層に慣れていた私は、現場の若さにビビりながら会場へと向かいました。案の定若かったけど。

ペンラが欲しかったので、先に物販へ。

目的のグッズを購入し、六本木ヒルズへ退散。暑いし周り若いし辛い...BBA消えたくなるw

真夜プリペンケース、ちょっと心配してたんですが無事購入できました。MCで知ったけど、増産して今日から増えたらしく。ラッキーであった。

私はとことんビビりなので、指定席を選択していました。地下2階の席。

バルコニーとほぼ目線の高さが同じだし、20席もないくらいなので、ファンサ受けやすかった印象。

目の調子が悪かったのか、視力が優れなくて肉眼では彼らの目線がどっち向きがよくわからなかったけど。10㍍ないくらいの至近距離だったのに。。。

 

私は岸優太を見たくてサマステを取ったので、主に野鳥の会タイプになってた。

デビュー組のはあまり野鳥の会やらないけど(どうせDVDである程度確認できるから)、おそらく発売しないし、いざ双眼鏡合わせてみたら表情までくっきり見えるし。

とはいえバルコニーに誰か来ている時はもったいないので気づいたらそっちを見るようにしてました。現金www

まぁある程度私の鑑賞スタイルを記しておいたところで、本題。感想。

 

勉強足りなかった!

ほんとに。HIHIJetとか天才Geniusとか覚えきれぬまま行ったのもったいなかった。

名前とキャラクターと、とか把握してたらもっと楽しかったかもと思う。

曲も然り。

最近の少クラで見た曲とシングル曲くらいしかわからなくて。NEWSと嵐はアルバム曲でもいけるけど。守備範囲が狭すぎたと反省。

そのくせ体に刷り込まれてるハダシの未来はしっかり踊ってしまったw

2部はアンコGUTS!だったのね。それも踊れたな...(遠い目)

 

 

次に。

村木ママのおはロック。

慎吾ママのおはロックが大好きな幼稚園児だった私はすごく嬉しかったwそして懐かしかった。

慎吾ママは人生で初めてハマったジャニーズだったと思う。その後だいぶブランクあくけど。

が、しかし。

私で当時幼稚園だった...ということは、ファン層的に慎吾ママをリアルタイムで見ていない子達の方が多いのかも、、と気づきひとり侘しくなりました(´;ω;`)

私BBAや...あわわ...PONで中高生に人気と紹介された時点で気づいてはいたけど!

 

そして平野 紫耀くん。

やっぱ彼がメインなのね、と思いつつも。

期待値以上の(※期待値もそれなりに高いw)カミカミで天然なところが可愛くて。パフォーマンスとのギャップに、ファンの多さを納得。納得するために行ったわけじゃないけど。

推すまではいかないにしても、同郷だしちょっと眺めていたいと思う。

 

メイン。岸優太雑感。

テレビで見ていても、彼のいじられっぷりが大好きなのでとても楽しかったです。

個人的には最後のメンバー紹介でPrinceの紹介が終わった後、岩橋にひたすら水かけられてるところです。かわいい。そしてあれを許すって事は優しいんだろうな(侵食してくる妄想w)。

MCでは先輩だから福岡ではご飯に連れてってくれみたいに言われてて、そういえば最年長か、と。

こういうときだけ立てないで!と言ってたけどあぁもうすべてが可愛いね!

そして全員に奢れるくらいまぁ貰ってるってことだから、デビュー組は一体いくらもらってるんだろうという下世話な思考回路に一瞬走ったw

パフォーマンスは、まぁとにかくかっこいいよね。

全員に言えることだけど若さって正義。

輝きがすごかった。まぁこれに関しては主観的要素が強いからなんとも言えないけど。

割と客観的要素なのが動きのキレ。申し訳ないけど三日前見たものとは全然違う(おい)。

まぁ深みとか老いから増すものもあるし、デビュー組の公演はJrのそれとはお金のかけ方が違う分、方向性もかなり違ったりする。わかってるけど、眩しかった。そして楽しかった。

 

水鉄砲を放たれることに衝撃を受けつつ。(初めて行ったw)

 

 

もうprincessと呼ばれるのは辛いけど、こっそり紛れて応援したいと思った。

 

 

 

以上、岸優太より一つ上のBBAがJrデビューした感想でした。

ファンサは割愛。どーせ他人が受けたファンサとか誰も興味ないからw記念に書き残しておくかは迷ったが。

自戒のためにエムウェーブという会場について書いておく。

先日、首都圏から私は長野遠征をした。

一時間以内に行ける場所にある会場もあるのに、わざわざ長野を選んだのは、キャパの大きさだけではなかった。

不便さ、暑さ(時期的に)等々、不人気になりそうな要素をいくつも目にしたからだ。不便でも、暑くても、移動にお金と時間がかかってもいいから観たいと思っていたのだ。申し込んだ時は。

 

でもほんとに過酷だったwww

だから次に推しているグループが長野でもやるとなったときに、今回の経験を踏まえても申し込むのか、と自問するために、エムウェーブという会場への感想を残しておきたい。

なんせ喉元すぎると熱さ忘れるからな!

また忘れて同じことしそうなんだもの。

...まぁそれでもいいから行きたい、と思うことがまたあるんだろうけど。

 

さて、本題に入る。

私はコンサート事務局が用意した、首都圏発着のJTBアクセスツアーで会場へ向かった。

睡眠時間1時間で(それは自分が悪いけど)始発に乗り、バスが発着する駅へ向かった。

飲み物と朝ごはんとお菓子くらいは持ってた。

早朝の割には既に暑かった。

バスは時々休憩に止まってくれるんだけど、すべてのバスが同じ場所に止まるようで、トイレが並ぶ並ぶ...

ねぇ、分散して頂くのは無理なの??

それに大して休憩時間は15分。。

トイレ出たら自販機すら使えないままバスに走って戻ったサービスエリアもあった。。。

観光しに来てるわけじゃないけどさ。余裕なさすぎる。

行きはまだよかったけどね。なんせ食糧あったから。

そして会場についた。10時頃、駐車場につき、そのまままっすぐ会場入り。(会場は10時、開演が12時。)

顔認証はするっと通過。

髪型は全然違ったけど一瞬でw大丈夫なの...??

まぁそれはいいとして。

10時半には席を確認し、トイレに並び始めた。。。

結論から言うと私はトイレに一時間半くらい並んだ。

席に戻れたのは11時58分。

更に恐ろしいのは私の後ろにまだまだ並んでいる人がいたってこと。

皆間に合ったかな...ダメだった人もいるよね...

開場して割と早いとこ入ってこのザマっていう残念な状態でした。

他のところは知らないけど、私が最終的に入れたトイレは個室が2つでした。

そして隣には身体障害者用トイレ。

驚いたのは、身体障害者用トイレを使わせないために、各身体障害者用トイレの前にスタッフが立っていたことです。

利用を断られるファンをたくさん見ました。

ちなみに並んでいる間に車イスの方が入っていったのはたった2回。

私はぼっち参戦だったのでひたすらTwitterでぼやいていたけど(フォロワーに迷惑w)、ペアで来ている人はブツブツ文句言ってました。

必要になったらすぐどくし、こんなに並んでて時間もなくて、空いてるんだから使わせてくれたっていいじゃない、と。

なんかそうしなきゃいけないルールがあったのかもしれないけど、私も正直そう思った。

全速力でトイレから席に向かう時、走らないでくださいと怒られたことにもちょっとイラッとしてしまった。

走らんと間に合わんわ!!

 

そして会場暑すぎ問題。

トイレに並ぶというほぼ静止した状態ですらじんわり汗をかいていました。

暑い。空調入ってるのこれ?って感じ。

ここスケートやれるの??氷溶けない???

終演後、私は会場内で売っていた飲み物をソッコーで買い、バスに戻りました。飲み物はほぼ尽きていたので。

これはある種賢明な判断でした。自販機すら使えないカツカツのトイレ休憩では、飲み物買い足せなかったから。

2回目の休憩の時には空腹がピークで食べ物の列に並びましたが、時間の都合で買えないまま列を抜けバスにかけ戻ったり。

もうイライラしかなかった。

私の楽しみは、駅に着いた後何を食べるかを考えることくらいしかなくて。

確かに食糧持ってこいって書いてあったけど。

真夏だから腐るものはダメ。アリーナ席の狭いところに持ち込まなければならない。そしてあの暑さ。という悪条件の中、早朝から夜まで乗り切れる程の水分と食べ物を持っていくとか無理がありすぎたと思う。

うちわ持ってなかったけど席に荷物置くのにそんなに余裕なかったよ...?

もう色々削られる旅であった。

とはいえ、バスの窓から会場付近の方が駐車場として土地を貸しているのが見えた。

下手したらアクセスツアーの我々がバスから降ろされた場所より会場に近そうなところでも2000円くらいだった。

免許と車があったら自家用車で行くのもありだったな。どっちもないけどさ!!!

 

バスが駅に着いたのは10時頃。

太るとは重々承知だが、バスの中で調べていた肉々しい定食を食べた。この日一番幸せを感じたwww

にも関わらず、翌朝体重計ったらまさかの1.5キロ減ヾ(●´∇`●)ノ

 

エムウェーブダイエット、おすすめです(嘘ですごめんなさいw)

 

今回のことを戒めに、遠征は慎重に決め、慎重に旅行の行程を立てるようにしたい。。。

 

 

この旅を漢字三文字で表すなら厠地獄だな。

アイドルの輝きの根源。

好きなアイドルを見る時。

眩しいほどの輝きを感じる人が多いと思う。

私は少なくともそうだ。発光してるのかなってくらい。

その辺で汗だくの人を見たら正直いい気持ちしないと思うけど、汗さえ光って見える。

でもそれって、まぁ本人の輝きもあるけど、自分の持つ好意(もしくは嫌悪)がその光や輝きを増している(もしくは減らしている)んだなって。

 

本題に入ろう。

長野に行ってきた。

嵐はこれで見納めだ。※カウコンは除いとくw

そんなやつが入るなと矢が大量に飛んできそうだけど、私もできることなら他人に譲りたかった。

どうしても観たかったから、とわざわざ地元から近い横アリではなく、地方でキャパのデカい長野を選んだ。こんなはずじゃなかった。

 

とりあえず、周りのファンを怖いと感じたのは初めてだった。

周りの人が悪かったとかじゃなく。

まぁNEWSのタオル持ってたからか、そんなやつが来んなみたいなことを追い抜きざまに言ってきたBBAはいたけど。NEWSコンにもいたけどね。カツンのバッグの人とか。皆そんなこと言ってたかな。。チケット取れないから荒んでる人多い。アリーナなんてFC会員しか入れなかったんだから相手は間違いなくFC会員ってこと忘れてない??

...っていう長い愚痴は置いといて。

皆と同じ方向が見られない孤立感が怖かった。

盛り上がる周りと自分の落差が。

あんなに大好きだったのに。目に入る褪せた輝きに涙が出そうだった。

ちょっとだけ期待してたんだよね。

姿見たら、感動させてくれるかなって。

そんな簡単に変えられなかった。

2ヶ月前、NEWSの一人ひとりがキラッキラに見えた。嵐も今までは同じようにキラッキラだったんだ。でも、冷静な自分がいた。

どうしても楽しめそうにない時のために、と出演Jrを初めて調べた。今まで嵐を見るのに手一杯だったから、考えたこともなかったのに(それはそれでごめんねJrよ...)。

そして、姿や顔が識別できる子として(有名だから当たり前だけどもw)森田美勇人が出ていると知った。

場に乗り切れない間は、振りとかはそこそこやりつつも野鳥の会で美勇人くん探しに徹していた。見つけた時の嬉しさは癖になりそうであった。Jrもよいな。まぁサマステ行くけど。※Prince回だけどwww

遠巻きでもわかる脚の綺麗さで美勇人くんを見つける、のが楽しかったのだが、後ろの方の埋もれアリーナだったので、それもなかなか叶わず。

もうどうしよう、と思っていたところにEverybody前進が流れてきて少し何かを取り戻した。過去映像が流れてた。

Timeコンに行ったわけじゃないけど、TimeのDVDは大好きだった。ちょっとだけ、DVDを楽しんでいたときの自分を思い出せた。

あとは相葉さんがマイクスタンドを倒したミスを永遠にいじるMC。相葉さんは正義だね。トゲトゲしてた自分が少しだけ和んだ。

そして。少し飛ぶけど。

やっぱり好きだったんだなぁ。と思えたところがあった。

Disco Starから始まるソロ曲のところ。

Disco Starを名古屋で見た時の楽しさが思い出された。

生で見れた事はなかった秘密は気づいたら踊ってたwww悲しいかな元担当。しっかり刷り込まれているのであった。

Rainもね。かっこよかった。

大野さん昔の映像はもう少し無重力だった気がしたけど。それも私が好きだった頃に頭の中で足した輝き要素なのかもしれない。DVD等すべて手放してしまったのでもう確認する術はないけど。

T.A.B.O.OもShake it!も大好きだったなぁ。

嵐で一番楽しかったのはそこかな...

個人的におぉ!っと思ったのはマスクをサポートする美勇人くんであった。(※美勇人の話ばかりしてるけど推しではない。)

単体で充分活躍してる部類だとJrに少し足を踏み入れて知ったけど、それでもあんなにかっこよくサポートしてるんだなぁと。

あとはT.A.B.O.Oも櫻井さんの隣くらいにいた...はず。T.A.B.O.Oは割と好きだから櫻井さんも見てたから曖昧だけど。

まぁとにかく輝いてた。

嵐にはないスタイルの良さも含めて(笑)

さすが平成生まれ。

 

タイトルとどんどん離れてくけど。

少し戻すと、あまりときめけなかったことに、そのものが輝いて見えるかは、自分自身の中にある要素が大きいんだと思い知った。だから。

新しく見つけた輝きを眺めることにする。

今日のNEWSタオルでどうこうの件もそうだし、今回輝きを失った理由もそう。

去る時に後ろ足で砂かけられる感じはとても残念だなぁと最後に思う。

 

ただ、この類の輝きを教えてくれたのは間違いなく嵐だ。

そこは感謝したい。

これは今日見に行くまでなかった感情かもしれない。

 

ありがとう、さようなら。嵐。

 

...まぁ今ちょうど全部だきしめて聴いてるからもありそうだけど。なんか優しくなれる曲だよね。

 

Twitterの嵐垢を消すか迷いつつ。実際会ったことある人ばかりだからそれは躊躇ってるw

 

 

今日見た大野さんは髪が長くて、みんな大好き成瀬ビジュに近かった。それでも私には同じに見えなかった。

それが歳を重ねるってことだよね。

男は20代後半がピークなのかもしれない。

まだまだ上がると信じてはいるけど、28歳の加藤シゲアキを見られたのはそういう意味でも幸せだったかもなぁと思った。

 

 

さて。次の現場は。サマステ。

若さは正義だよね。自分より若いアイドルには手を出さないと思っていたのに。私もBBAになったってことか。

数個の差なら同世代って言えるよね←

まぁ何はともあれ。

新しい輝きを楽しみたい。

恋を知らない君へ、雑感。

随分遅くなってしまったけど。一応フラゲはしました。それはね。

とはいえ初日はメイキングを見てわーきゃー言うだけで過ぎてったw

メニュー画面がないからさ、永遠に再生されるよね!止め時失うよね!!(ただのバカ)

 そして本編を見られなかったのは、バラードが沁みすぎる心境だったからもありw

とはいえモノを手放したらすごく心理的にもすっきりしました。そのせいでせっかく作ったブログを放置したけど。そしてかなりいい額のお小遣いになった。

...買った時の値段は考えてないけどねwww

まぁそれはさておき。

正直なところ、本当はthe☆アイドルな明るい曲とか、いかにもジャニーズなトンチキソングが好きなタイプですが。

ここ1年くらいだと、去年のJUMPのChau#とか。可愛い。これが聴きたくてアルバムが出たタイミングでTSUTAYA行った(買うお金はなかった...ごめんね...)くらいには。

 

でも、好きです。

大人っぽくって。

Chau#を大人グループが歌えないように、この曲はわっかい子には出せない魅力っていうか。

爽やかな色合いで綺麗な映像ですね。4人の表情も素敵でした。

そして踊らなくても絵が持つのがすごいよね。そんな曲でもメイキングではわちゃわちゃしてる感じがすごく好きです。

ケーキに膝蹴りされても怒らない小山さんが、つむじを押されるのはダメっていうのが個人的には面白かったです。

なんならつむじを押すのはそんなにあかんのか、と思い「つむじ 押す」と検索しました。

禿げるっていう迷信がヒットしましたwww

血行が良くなるとかなんとかとか。いいこともあるかもしれないよ、小山さん...(そういう問題じゃないw)

 

そしてカップリング。

 サマラバは私が思うアイドルソング。明るい。ノーテンキ。好き。

distanceは...すごく手越さんの声よいね。(※シゲ担)

のびのびとした感じ、よいですね。

 

 

感想が雑だけど。

いつまでも途中書きにしたもの放置しといてもしょうがないし。

一旦上げる。

そして私は嵐にさよならをしに長野へ行く。

当たった時の幸せはどこへやら。

でもこれを節目に、NEWSとJrの担当として改めてスタートを切れる、はず。。。

 

さよならするということ。担降り体験記。

後ろ向きなことはできるだけ書かないようにしよう、と思っていたけれど、やっぱり書き残したくなった。

でも、担降りという作業もひとつ私のヲタ活の歴史だと開き直って語ることにする。

 

 

私はこの度二宮担を辞めた。ついでに嵐ファンも辞める。自担を直視できなくなった以上、もうどうしようもない。

 

私が初めて担降りを意識したのは去年の夏。

フリスタもワクワクも全部全部玉砕したときだ。

こんなに悲しい思いをしてまで拘る必要あるのかな?とふと自分のヲタ活に疑問を感じてしまった。

そんなことで降りるならファンじゃねぇとか矢がいっぱい飛んできそうだけど。

でもまだ決定打じゃない。せいぜい掛け持ちのきっかけになっただけ。

その次が、去年の金曜日事件だ。

別に彼女がいてもいい。でも、一緒に釣り行ってたから黒いの?とか、女と一緒に美味しくご飯食べすぎたからまるいの?とか考えたくないんだ...

アラフォーにもなろうとしてるいい大人に女がいないなんて幻想抱いてるわけじゃないけど、

間接的に女にお金払ってるのかな...私何してるんだろ...

って考えさせられたのが嫌だった。

馬鹿な出費であることくらい百も承知だ。

それでも日々の現実を忘れるために馬鹿だと自覚をしながらもお金払ってるんだ(ホンモノの馬鹿)。

そこから収入を得ている以上、その行動に疑問を持たせ、立ち止まらせたら仕事として、大きく見たら社会人として失格なんじゃない?とガッカリしたのだ。一回り以上も歳下のクソガキが何を言うって話だけども。

とはいえ自担がやったんじゃないし(本当は大宮担だったので、その時から自分の中の半分の記憶から既に目を背けてた)、とようやくカサブタができた頃だった。

今度は7誌事件ですか。

まぁ正直堪えたのは雑誌の方じゃない。

去年あんな騒ぎになっておきながら、同じような種になるものをインターネットというその気になったら誰もが見られるような場所に迂闊に放置していたことに幻滅だった。

そっか。去年の秋立ち止まった時、歩みを止めてればよかった、と。

疑問どころか後悔だった。

コンサートは取れないし、時々モヤモヤ疑問を浮かばせるし。

NEWSや岸くんを追い始めた身としては完全に潮時だと思った。

 

こんなことで降りるなんてファンじゃないとか言われがちだし、楽しく5人を眺めていた時間までくすんでいくのが本当に残念だけれど。

手を振ってもらって嬉しくて泣いていた私にはもう戻れないし。

とはいえ、離れていく層は、許せないけど嫌いになれない層よりは精神的に楽だろうと思っていて。

彼らの苦しみを見ていると、癒しだったはずのアイドルはどこに消えてしまったのだろうかと悲しくなる。

少しずつモノを整理し、持っているものの一部を買取に出した。多分近いうちに全部手放すだろう。掘り起こしてようやく自分の集めていた物量に目が覚め、永遠の新規と言えども8年、9年は長かったなぁと。

ヲタを辞めるなんて、彼氏ができたか結婚するかくらいじゃないとないかな、と思ってた(それ一生ヲタなんじゃ...)。少なくともこんなネガティブにと突然終わりを迎えようとは。

残念である。

 

 

...とタラタラ書いたけど、嵐の話はもう終わりにする。書くとしても売ったらいくらになったかくらいかw下世話だから多分やめとく。

今回の件で個人的にすごく気になったのは、ちょくちょくやられてる手越担はどうやって乗り切ってるのかってこと。

そういう人だっていう認知?それとも普段の彼自身の魅力??

こんなふうにヲタ活に打撃を受けるのは嫌だから、今のうちにそこを勉強しときたいなあと思いつつ。

ホントは目を背けられる人の方がジャニヲタ適正は高いんだろうなぁ。

そういう意味では私はジャニヲタは向いてない。

ファンタジーを見るのが好きなくせに、妙に現実主義になっちゃうから。

それでも、もうこれ以上ガッカリすることはなかろうってくらいガッカリしたからなw

今度は10年、いや100年続くくらいのヲタになりたい気もする。

まぁとにかく。

 

さよなら、二宮担の私。

ハッピーバースデー、シゲアキ。

去年のシゲの誕生日から丸1年(当たり前w)。

私にはいろいろなことが起きましたwww

これから先もずっと、ヲタクに夢を売ってね。頼むよ。

夢であることはわかってるから。わかって金払ってるから(ガチなアホw)。

 

ハッピーバースデー。29歳もいい年になりますように。