NEWS担、始めました。

主にNEWS(シゲ)&Prince(岸優太)を眺める。(元)嵐ヲタ。

さよならするということ。担降り体験記。

後ろ向きなことはできるだけ書かないようにしよう、と思っていたけれど、やっぱり書き残したくなった。

でも、担降りという作業もひとつ私のヲタ活の歴史だと開き直って語ることにする。

 

 

私はこの度二宮担を辞めた。ついでに嵐ファンも辞める。自担を直視できなくなった以上、もうどうしようもない。

 

私が初めて担降りを意識したのは去年の夏。

フリスタもワクワクも全部全部玉砕したときだ。

こんなに悲しい思いをしてまで拘る必要あるのかな?とふと自分のヲタ活に疑問を感じてしまった。

そんなことで降りるならファンじゃねぇとか矢がいっぱい飛んできそうだけど。

でもまだ決定打じゃない。せいぜい掛け持ちのきっかけになっただけ。

その次が、去年の金曜日事件だ。

別に彼女がいてもいい。でも、一緒に釣り行ってたから黒いの?とか、女と一緒に美味しくご飯食べすぎたからまるいの?とか考えたくないんだ...

アラフォーにもなろうとしてるいい大人に女がいないなんて幻想抱いてるわけじゃないけど、

間接的に女にお金払ってるのかな...私何してるんだろ...

って考えさせられたのが嫌だった。

馬鹿な出費であることくらい百も承知だ。

それでも日々の現実を忘れるために馬鹿だと自覚をしながらもお金払ってるんだ(ホンモノの馬鹿)。

そこから収入を得ている以上、その行動に疑問を持たせ、立ち止まらせたら仕事として、大きく見たら社会人として失格なんじゃない?とガッカリしたのだ。一回り以上も歳下のクソガキが何を言うって話だけども。

とはいえ自担がやったんじゃないし(本当は大宮担だったので、その時から自分の中の半分の記憶から既に目を背けてた)、とようやくカサブタができた頃だった。

今度は7誌事件ですか。

まぁ正直堪えたのは雑誌の方じゃない。

去年あんな騒ぎになっておきながら、同じような種になるものをインターネットというその気になったら誰もが見られるような場所に迂闊に放置していたことに幻滅だった。

そっか。去年の秋立ち止まった時、歩みを止めてればよかった、と。

疑問どころか後悔だった。

コンサートは取れないし、時々モヤモヤ疑問を浮かばせるし。

NEWSや岸くんを追い始めた身としては完全に潮時だと思った。

 

こんなことで降りるなんてファンじゃないとか言われがちだし、楽しく5人を眺めていた時間までくすんでいくのが本当に残念だけれど。

手を振ってもらって嬉しくて泣いていた私にはもう戻れないし。

とはいえ、離れていく層は、許せないけど嫌いになれない層よりは精神的に楽だろうと思っていて。

彼らの苦しみを見ていると、癒しだったはずのアイドルはどこに消えてしまったのだろうかと悲しくなる。

少しずつモノを整理し、持っているものの一部を買取に出した。多分近いうちに全部手放すだろう。掘り起こしてようやく自分の集めていた物量に目が覚め、永遠の新規と言えども8年、9年は長かったなぁと。

ヲタを辞めるなんて、彼氏ができたか結婚するかくらいじゃないとないかな、と思ってた(それ一生ヲタなんじゃ...)。少なくともこんなネガティブにと突然終わりを迎えようとは。

残念である。

 

 

...とタラタラ書いたけど、嵐の話はもう終わりにする。書くとしても売ったらいくらになったかくらいかw下世話だから多分やめとく。

今回の件で個人的にすごく気になったのは、ちょくちょくやられてる手越担はどうやって乗り切ってるのかってこと。

そういう人だっていう認知?それとも普段の彼自身の魅力??

こんなふうにヲタ活に打撃を受けるのは嫌だから、今のうちにそこを勉強しときたいなあと思いつつ。

ホントは目を背けられる人の方がジャニヲタ適正は高いんだろうなぁ。

そういう意味では私はジャニヲタは向いてない。

ファンタジーを見るのが好きなくせに、妙に現実主義になっちゃうから。

それでも、もうこれ以上ガッカリすることはなかろうってくらいガッカリしたからなw

今度は10年、いや100年続くくらいのヲタになりたい気もする。

まぁとにかく。

 

さよなら、二宮担の私。