NEWS担、始めました。

主にNEWS(シゲ)&Prince(岸優太)を眺める。(元)嵐ヲタ。

オタク力低下、人間力向上。

いい加減更新してみようかな、とふと思いお題を開いた。買い物、か。

よいかもしれない。

3ヶ月前の担降りで、オタク関連の支出の仕方やオタク以外の支出...あらゆるものが変わった。その変化について書き留めておきたい。

 

①オタク支出

買い物するにあたって必要なことの一つに実は買うものの分手放すことがあると、最近気づいた。

1日にひとつもものを買わない人って実はかなり少ないんじゃないかなと思ってて。

それでも家がもので溢れないのは、何かしらの理由でモノを消してるからなのだ。食べてなくなるもの、使うと消えるもの、壊れて処分するもの。ある意味受動的に消してるモノ。

そうでない場合。

何かしら理由を持って処分しなくてはならない。

その大変さを思い知った。

担降りの時、当然のようにあらゆるグッズが不要になった。部屋は狭いし処分を迫られた。

しかし、それまで何年間も大切にしてたモノなわけで。捨てるのもなんか心苦しくて。

買取に持っていっても、元自担のグッズは(時期も悪かったとは思うけど)半年前のツアーの未開封のクリアファイルにすら値段がつかなかった。チケットは取れず、国民的アイドルと言われているのに。

処分に辟易した私は、改めて

要らないものは買わない

という至ってシンプルなことを誓ったのであった。

日常使いできない、かつ、彼らの顔が写っていないモノは箱にしまったままどうせ開けない。

買わない。

そしてなかなか処理に困ったジャニショ写真。

これに関してはジャニショに行かない、という強硬手段で対抗中。今のところ行ってない。

行くとなんかタガがはずれるっていうか。ジャニショの写真もアルバムにしまいこんでほぼ見返さないってわかったし。

買って満足しちゃうんだよな←

急に要らなくなってしまうときが来るかもしれないこと、多少は意識して買おうと思う。

今回現場外れたしなw

余計なものは買わない。

その「余計」がブレまくるのがオタクの怖いところではあるが。

 

②オタク以外の支出

個人的に担降りでより大きな変化があったのがこっちかもしれない。

そもそもカツカツで生活している私がオタク支出を工面するには、当然何かを犠牲にしていたわけで。

それが美容だったり交際費が多かった。

ヘアカラーは市販品、飲みとか遊びは可能な限り断る。

...女どころか人間捨ててるような生活だったわけだw

しかし、グッズを処分したときの売上で私は生活費一月分近くのお金を手にした。まぁ買った時にかけた額は(以下略)

担降りする前は、担降りすることがあったら売ったお金で降り先のグッズとかメディア買い漁るのかなと思ってたけど、全然そんなことはなかった。

ふと、

人間に可能な限り戻ってみようかな

と思ったのだ。

保留していた送別会の飲みに参加し、美容室で人生初のデジタルパーマをかけ、誘われるがままにテーマパークへ行き。座椅子をソファーに買い替えたりもした。買い物という言葉から少しはずれるものも多いが、大きく見たら消費行動をしているという意味で近い。

去年寒さで震えたのを思い出して、コタツテーブルも買ってみた。もうすぐ届く。楽しみ。

今年は震え上がらずに冬を越せるかも。

 

...あれ?人間って楽しいね。

 

オタクでも人間活動もきちんとやってる人の方が多いことはわかっている。

でもお金を持たない私がオタクでいるためは捨てざるを得ない部分だったのだ。

今、少しずつ拾い集めている。ちょっと手遅れかもしれないけれど、見つかる範囲で。

買い物や消費は大切な人間活動のひとつだと改めて思った。

オタクと天秤にかけつつ、少しずつ人間にもどっていきたい。

 

 

そんな私が今更ハマったのが柔軟剤

今更すぎるけど、洗濯槽に直接入れるタイプとか、ちょっと値段が張るやつとか、色々試行錯誤中。

一人暮らしなのに、10本近くの柔軟剤が鎮座。

悲しいかな、収集癖というオタクの本能が遺憾なく発揮されているのであった。

 

人間って難しいな。

でも匂いテスターで確認して買い足して、初めて使う時のワクワク感。楽しい。そしてオタクよりはなんかウケがいい気がする。

ウケるために生きてるわけじゃないけどさ。

 

タノシイコトシタイ。


それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー