読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWS担、始めました。

主にNEWS(シゲ)&Prince(岸優太)を眺める。(元)嵐ヲタ。

5年後の自分。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

5年後の自分。

とりあえず順当に行けば社会人3年目。

そんなことはいいんだ。

仕事しない人なんていないし。現に今だってフリーターかな?ってくらいに働いてるw(※一応学生)

就活で正規雇用にのっかれなかったら、今のところでバイト続けるのだろう。できたら嫌だけど。

そもそもここはオタク活動を書き留めようと作ったので、オタクに焦点をあてて、5年後の自分を想像したい。

 

5年後もあなたはオタクですか?

と聞かれたら。

一年半前の私なら迷わずそうだと答えただろう。

嵐がもし20周年にもハワイに行くなら大枚はたいて追っかけたいと思ってた。(一年半前は掛け持ちを始める直前。嵐オンリーであった。)

ジャニーズは私の一部で、なくなったら死んでしまうし、なくならないと思っていたのだ。

でも、今聞かれたら。

わからないと答える。なんならやめられてたらいいなとも。

 

去年の9月、嵐オタを揺るがすかの有名なパグ事変(大野さんフライデー事件)が起こった。

必死になって見に行こうとした(結局チケット取れなかったけど)パグが、手元にあるグッズが女と飼ってる犬モチーフだと。そして、手元にある作品集にはその女の名前が入っている、と。

衝撃だった。

今まで自分は一生オタクだと信じてやまなかったのに、その考えが揺らいだ。

あれ、女に貢いでたのかな、私。と。

別にそれでもいいしある程度仕方ないけど、意識したくなかった。

そして、降りていく人を、ジャニーズごと去っていく人を何人も見送った。

それもあって、茶の間だったNEWSが担当に格上げしたのであった。(この時点ではまだ掛け持ち)

しかし、そこでは踏みとどまった自分も、今年7月の報道(二宮、伊藤綾子と同棲愛的な)で完全に後輩達に降りた。

私の周りにもいる。ぎりぎり彼氏だってわかる画像をLINEに使う人。痛いなぁと思う。僻みだと言われればそれまでだが。でも同世代だ。

アラフォーにもなる大人が、ファンに見せる有料ブログでそれに近いことをしている。そして尊敬していた人はそんな女と付き合っていた。幻滅だった。

 

このブログにも、サマステやQUARTETTOの感想を載せている。楽しい。

QUARTETTOのブルーレイも予約したし、ジャニアイも落選ながら知り合いに何とか救済してもらって観に行く。

でも。

オタクは永遠じゃない、と気づかされたのだった。

 

ジャニーズのスキャンダルが出る度に、いつまでもオタクしてる場合じゃないな、と思うのだ。

ジャニーズは今を楽しませ、癒してくれる。

でも、未来は支えてくれない。

もっといえば、一瞬でその輝きを失う時もあるわけで。

そうなったら、ジャニーズ一筋でいると、すべてを失うことになる。

そんな恐ろしいことがあるだろうか。

ジャニーズをすべてにしてはいけない。可能なら、生身の人間を大切に思えたほうがいい。

...そんなことを再認識したのであった。

 

最近少しずつ人間活動をするようになった。

家具を買い換えたり。他人と出かけたり。

単独行動ばかりだったけど(遠征もぼっち。オタク活動でも複数なのはオフ会のみ。)、他人と出かけるのも意外と楽しいなと思ったり。

急には取り戻せないけど、少しずつ。

そもそもずっとオタクばかり優先した私と出かけてくれる人がいること自体がありがたいなと本気で思うようになった。

オタクと知っても仲良くしてくれたような非ヲタの友人をもっと大事にしたいと思った。

 

でも。それでも。

いつ辞めるかもと思いながら私は毎週真夜プリや少クラをチェックするし、QUARTETTOも予約した。

近所のタワレコ、初回ブルーレイの予約終わってたよ!悔しいけど、予約好調なのはいいことだよね!!(フラゲ諦めてAmazonで予約...)

いつ終わりが来るかはわからないけど、できれば幸せな形で終わりたい。

向こうにがっかりする、とかじゃなくて。

私が人間活動に戻る、とか、自分の理由で。

それが3年後か、5年後か、はたまた死ぬまでこないかはわからないけど。

頼むよ、NEWSちゃん。そしてprinceちゃん。

幸せな記憶でオタクが終われるように、輝き続けてくれたらと思う。